2018/05/02

造作キッチン

私の事務所で設計する住宅では、1軒1軒ご要望をお聞きしながら造作家具としてキッチンをデザインしています。
師匠の石田信男さんも永田昌民さんもそうしてきましたし、修業時代に担当したものから数えたら、おそらく60台ほどのキッチンをこれまでにデザインしてきました。
今回は私の事務所の標準的な造作キッチンを紹介します。


写真の富水の家リノベーションでは、私の事務所で標準としているセミオープンの形式を採用しています。このように、新築でなくても戸建て住宅やマンションのリノベーションでも可能です。


デザインは、N設計室の永田さんと共同設計したときのものをベースに、私なりに少しずつ手を入れて、より使いやすく、よりシンプルに、少しでもローコストにと進化させてきました。
カウンタートップはステンレスヘアラインをシンク一体成型、コンロ周りの壁はキッチンパネル、レンジフードは富士工業の既製品に造作のカバーをしています。
扉や抽斗の前板はシナフラッシュ製で、半ツヤの白いオイルペイント塗りで、お手入れは楽です。扉や抽斗の取っ手は、一時期は木製でデザインしていましたが、ステンレスの丸棒取っ手が一番使いやすいという結論にいたり、復活したものです。


シンク前の手元を隠す立ち上がり部分は、以前はタイル貼りでしたが、最近は調味料置場にしています。この部分はポリ合板で作っているので、しょう油などのビンのあとなどもさっと拭けるようになっています。

シンク下はオープンで配管あらわしにして、湿気が篭もらないようにするのと同時にゴミ箱置場になっています。メーカーのシステムキッチンはシンク下がオープンに出来るものがないのでゴミ箱置場に困りますね。

写真右奥はパントリー。面積的に余裕があればキッチンに隣接してパントリーを設けます。たまにしか使わない食器や電化製品、冷蔵庫に入れるほどではない食品などさまざまなものが収納できて便利ですが、こちらの家のようにウォーターサーバー置場として使っていらっしゃるケースは初めて見ました。

コスト的には、シンク台は、ガスコンロ、シングルレバー水栓、レンジフード込みでおよそ70万円程度(工務店によって金額にばらつきがありますが...)です。メーカーのシステムキッチンの中級クラスと同程度の金額で実現可能なのです。



富水の家リノベーション
設計 徳田英和設計事務所
施工 デライトフル
写真 安川千秋





徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

2018/04/25

「日野台の家」がainohaに掲載されました!


昨年竣工した「日野台の家」が、施工していただいた相羽建設の毎月発行している小冊子『ainoha』5月号に掲載されました。
表紙と、特集で6ページにわたって楽しく住まわれている様子を紹介していただいていますので、ぜひご覧ください。


『ainoha』は下記のお店にて配布しております。5月号は5月初めからの配布予定です。


こちらのマップもご利用ください。 >ainohaでつながるお店

また、相羽建設HPの中のainohaのページでPDFで閲覧できるようになっております。




徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

2018/04/03

窓辺
























こちらの写真は、一昨年竣工した茨木の家の奥様が撮影された一枚。
窓辺を気持ちよさそうに使っていただいて、設計者冥利に尽きます。


徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

2018/03/25

みどりのの家



昨夏から茨城の工務店 [na]自然と住まい研究所とコラボして、いくつかのプロジェクトが進行中です。この家もそのうちの一軒で、つくば市みどりのの平屋+αの終の住処の計画です。

北側に隣接して息子さんご家族の住まいが先行して建てられていて、庭をはさんで南側にご両親の住まいを計画しました。

息子さんご家族の住まいの採光に配慮して北に向かって低くくなる片流れ屋根としました。小上がりの畳ダイニングを下屋で出して、クランクした濡れ縁でソトとウチをつなぎます。

現在、確認申請と長期優良住宅を申請中、4月から着工となります。完成が楽しみであります。




徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

2018/03/16

プロフィール写真を更新しました














久しぶりにプロフィール写真を更新しました。

前のプロフィール写真はいつ撮ったものだろうと調べたところ、こちらのブログ記事のときなので7年前でした。

東日本大震災の年ですね。練馬の木曾三岳奥村設計所に事務所を間借りしていた時代、毎年奥村先生とまことさんと生ハムを作って、飲み会ばかりしていました。笑。

あれからずいぶんの時を経て、写真が古いとか周囲からも指摘され、この春から新しいプロジェクトが始動するにあたり、半年以内に撮影されたプロフィール写真を求められ、撮影していただきました。



徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

2018/03/04

3月11日(日)「住まい手さんの家を見に行こう!」春のバス見楽会

3月に入って暖かくなってきましたね。
我が家はお湯採りが本格的に始動、一気に春モードに切り替えです。

仕事の方は、先週二世帯住宅が上棟、平屋の終の住処が確認申請中、公園に面する薪ストーブのある家は実施設計開始、大屋根のソーラーハウスが見積調整中です。
その他にも新規プロジェクトが着々と動き出しています。

今日は相羽建設のバス見楽会のお知らせです。
実はこのバス見楽会のコースに私が設計した「日野台の家」も入っているとのことです。
1月の見学会を見逃した方、この機会にぜひご参加ください。
ちなみに、当日私は参加しませんので、ご了承ください。


「住まい手さんの家を見に行こう!」春のバス見楽会

日付 3月11日(日)
時間 12:15-17:30頃
会場 集合場所:相羽ワークス
   …東京都東村山市青葉町1-25-14 >案内図
定員:35組(予約制)
参加費:無料
*集合場所には駐車場がございます。 

■住まい手さんに聞いてみよう♪

家づくりを経験された方から、「いろいろな住まいを見ることが一番の勉強になる」という声をよくお聞きします。
そこで、相羽建設では住まいをご覧いただける機会を多く設けています。
その中でも特に、この度開催する「住まい手さんの家バス見学会」は、住んでいる方のお話を聞きながら見学させていただく、とても重要な機会です。

たとえば、完成し、住み始めてから長い年月の経った自然素材の経年変化を見ることができたり、建築家により設計された家の住み心地や、設計を依頼した決め手、暮らし方なども聞くことが出来ます。
「OMソーラーの家は本当に暖かいの?」
「自然素材の家のお手入れはどうしてる?」
など、実際に住まわれている方々だからこそのお話を聞いてみましょう!

【当日スケジュール】-------------------------
■12:30
相羽ワークスへ集合していただきます。
マイクロバスに乗車し、2~3軒を見学させていただく予定です。
■17:00頃
見学後は、相羽ワークスで解散となります。
------------------------------------------------

※所要時間はコースにより若干異なりますので、詳細は別途ご案内します。

お申し込み・お問い合わせは → こちら






徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!

2018/02/01

FF式ガスファンヒーター

先週の4年ぶりの大雪はよく降りましたね。
また今夜雪の予報が出ています。寒い日がまだ少し続きそうですが、インフルやノロなどに気をつけて過ごしましょう。

自宅である「8寸屋根の家」は空気集熱式ソーラー「そよ風」を導入していますが、雪が屋根に積もると集熱温度が上がらず、補助暖房に頼ることになります。
自宅の補助暖房は、FF式ガスファンヒーターを採用しました。(写真のTVの左側にあるものです)


昨今は、ヒートポンプ式エアコンの効率が飛躍的にあがっているのは知っているのですが、エアコンの暖房には抵抗があり、ガスにしました。
2階リビングのダイレクトゲイン(窓からの直接日射による熱)と相まって、暖かく過ごしています。

反省点としては、もうひとまわり小さいものでよかったということ。妻が寒がりで、安全をみて大きめのものを選定したのですが、家の断熱性能がよく、大きすぎたかなと思ってています。この経験はまた次の機会に生かしたいと思います。




徳田英和
hidekazu.tokuda@gmail.com
徳田英和設計事務所
171-0031東京都豊島区目白3-8-6吉村ギャラリー2F
TEL 03-3954-6161

読んで楽しい家づくりの なるほどディテール。(島田貴史・徳田英和共著 オーム社)発売中!!